YOSHIKI TRAVEL

やりたいことをやりたいままに、やるべきことをやるべきままに

旅人になった日

f:id:yoshiki101379:20190510092049j:plain

私が去年所属していたTABIPPOにて
「旅人になった日」として書籍を出版する!?という話を見たので、
自分の旅人になった日について。
初心を忘れないためにも私も
思い出しながら書いていこうと思います。
 
私は今大学を休学し、バックパックを背負って海外に来ている。
そんな私の「旅人になった日」は2017年7月27日です。
 

旅人になった日 2017/7/28

f:id:yoshiki101379:20190510092033j:plain

 
大学1年生の夏
1997年7月22日生まれの私は2017年の7月22日に二十歳になった。
 
その5日後である27日。
 
この日が私の旅人になった日。
 
 
日本では二十歳から10年パスポートを作ることができる。
なので二十歳になってすぐに地元のパスポートセンターへ向かい、
パスポートの申請をした。
 
そして、すぐに航空券を買った。
 
行き先はインド
 
インドを選んだ理由は私が浪人生活を送っている時に兄が世界一周の旅に出ていて、
インドが一番良かったとオススメしてきたからという単純な理由だった。
 
2017年8月22日
蒸し暑い中、インドへ出発。
恐怖・不安・寂しさなど、マイナスな気持ちが強烈に湧いてくる。
 
けど、楽しみな気持ちも溢れている。
 
当時のインドのイメージは汚くて、暑くて、カレーばっかり食べている。といったものだったのですが、行ってみた結果、本当にその通りでした。
 
空港からデリーに向かい電車の駅を出ると、
ジメッとした空気が漂っている。
大量の野良犬、野良牛、トゥクトゥクドライバーの勧誘、トゥクトゥクのやかましいクラクション。
そして強烈な臭いが私を襲ってきました。
 
インドに着いてから1時間も経っていないのに、既に非日常的すぎる。
 
ひたすらにトゥクトゥクの勧誘が止まらない。
色んなところで、デリーのトゥクトゥクは変な観光局に連れていかれると
聞いていたけど、本当に連れて行かれる。
断ってもまた違う人にも同じところへ連れて行かれる。
 
行きたいって言ったところと違うところへ連れて行かれる。
 
なんて奴らだ。
 
誰を信用するのが正解なのかわからない。
 
すごい嫌な気分になっている一方で、インドに来たことを実感し、
ワクワクしている自分がいる気がしていた。
 
するとあるインド人が教えてくれた。
“Don’t trust anybody”
 
本当にその通り、誰も信用してはいけない。
信じられるのは自分と、インターネットの情報だけ。そんな世界でした。
 
 
日本で生活しているとこんな状況は絶対に起こらない。
 
約2週間という短い滞在だったけど、感じたことは偉大でした。
 
発展途上国の現実だけでなく、住んでいる日本の素晴らしさを再認識することができました。
 
道路が綺麗、電車が快適、トイレが綺麗。
学校へ通うことができる。
 
そんな日本の当たり前がとんでもなく幸せだということを知ることができました。
 
 

おまけ

f:id:yoshiki101379:20190328062227j:plain

私が旅人になった日からまだ1年半しか立っていないのに、大学を休学し、
世界一周に行くぐらいに私は旅にはまっていた。
 
日本では見ることのなかった風景。出会うことのなかった人。
これらが私の人生を豊かにしてくれる。
 
世界一周が終わるまであと約1ヶ月ぐらいかな。
 
ラスト残すはジョージアとトルコ。
素敵な風景と人に出会い、悔いなく終えるぞ〜!
 
書籍の話、オファー来い!笑