YOSHIKI TRAVEL

やりたいことをやりたいままに、やるべきことをやるべきままに

パタゴニア各費用まとめ[宿代・食事代・観光代・移動費]

f:id:yoshiki101379:20190423024255j:plain

私がパタゴニアに滞在した時にかかった費用をまとめてみました。

 

物価が高いと言われているパタゴニア地方ですが、工夫すれば安く住むところもあります。今後パタゴニアへ訪れる際の参考になれば嬉しいです。

 

 

はじめに

はじめに、少し私の説明をします。

私はバックパッカーとして行ったので基本的に節約志向でいました。

 

また、南の方から北上していったため、記事の内容もそのような順序でかかれてあることがありますので、ご了承ください。

 

最安とまではいかないですけど、割と安く済ませている方だと思うので、あなたが訪れる際にはこの記事の金額よりも少し多めにかかる。と考えておいてください。

 

訪れた場所は

チリ

└プンタアレーナス

└プエルトナタレス

 

アルゼンチン

└エルカラファテ

└エルチャルテン

└バリローチェ

 

です。

 

宿代

宿に関しては全てBooking.comにて予約していました。

各場所においての1泊の値段は以下の通りでした。

 

チリ

プンタアレーナス-1700円

エルトナタレス-1500円

 

アルゼンチン

エルカラファテ-550円

エルチャルテン-900円

バリローチェ-750円

 

全てBooking.comの安い順に並べたときに上3つには出てくる宿に泊まっていましたが、上に示す通りでチリの宿が本当に高くなっています。

 

チリもアルゼンチンもそこまで宿のクオリティーは変わらないにも関わらず、物価の違いから値段が大きく変わってきます。

 

宿は基本的にキッチン付きで、朝食は付いていないことがほとんどでした。

朝食が付いていたとしてもパンとジャム、コーヒーぐらいの粗食で、物足りなさを感じるものでした。

Booking.com

 

食事代

f:id:yoshiki101379:20190423024105j:plain

 

基本的に私は自炊をしていました。

スーパーで買うものに関してはチリとアルゼンチンであまり大きな差は無いように思います。

なので、まとめて記載させていただきます。

 

パタゴニアは食費がかかると言われていますが、本当にその通りです。

だいたいどこのレストランを見ても1000円程度はかかってしまいます。

 

エルカラファテで見たハンバーガーショップは安くても700円ほどはしました。

 

宿にキッチンが基本的に付いているので自炊が圧倒的におすすめです。

 

なので、スーパーで私が買っていた物のだいたいの料金を示していきます。

 

米(1kg)-200円

{じゃがいも-人参-玉ねぎ}各1つずつ-100円以下

牛肉(200g)-200円以下

ビール(500ml)-150円

フランスパン-50~100円

りんご-20円

バナナ-15円

コンソメキューブ-100円

 

といったところです。

 

アルゼンチン側でしか牛肉は見ていないのですが、牛肉の生産量と消費量が多い国としてアルゼンチンは有名なだけあってとても安く買うことができます。

 

スーパーで買ってゲストハウスのキッチンで焼いて食べるのでも十分に美味しいので、レストランで大金を叩いて食べなくても満足できると思います。

 

調味料はゲストハウスに基本的にはあるのですが、無い場合もあるのでそれに備えて私は、キューブタイプのコンソメを購入しました。

 

自炊では基本的に野菜を茹でたり、炒めたりしてそこに塩胡椒をかけ、ご飯を炊いて食べてました。

 

観光代

私がいった場所は主に3箇所で、

・パイネ国立公園

・ペリトモレノ氷河

・フィッツロイ

です。

 

順に値段などをまとめていきます。

 

パイネ国立公園(日帰り)

f:id:yoshiki101379:20190423025440j:plain

エルトナタレス-パイネ国立公園入り口

バス往復 - 2200円

入り口-トレッキングスタート地点

バス片道 - 500円 (往復1000円)

パイネ国立公園入場料-3500円

 

合計 6700円

ペリトモレノ氷河(トレッキング無し)

f:id:yoshiki101379:20190423025430j:plain

エルカラファテ-ペリトモレノ氷河

バス往復 - 2000円

国立公園入場料-1800円

船ツアー - 2000円

 

合計 5800円

フィッツロイ

f:id:yoshiki101379:20190425233826j:plain

入場料-無料

 

合計 無料!!

 

 

といった感じでした。

フィッツロイはお金がかからないので、本当に行ったほうがいいと思います。

それに比べるとパイネ国立公園、ペリトモレノ氷河はやはり結構お金がかかってしまいます。

 

パイネの国立公園は滞在日数が伸びれば入場料も上がりますし、キャンプサイトの入場料もかかるので、Wトレッキングをされる方などはもっとお金がかかってしまいます。

 

ペリトモレノ氷河に関しても、私は費用を抑えるためにもトレッキングは無しの代わりに船のツアーに参加したのですが、もしトレッキングに参加するようだと、安い方でも1万円以上、高い方だと2万円以上はすると思います。

船のツアーはそれと比較すると2000円と安く、大迫力の氷河を近くで見ることもできるのでオススメです。

また、船に乗った後も展望デッキで観光する時間も2時間ほどあったので十分楽しめました。

 

 

移動費

移動は全てバスで行いました。

 

プンタアレーナス-プエルトナタレス (8時間)

→1300円

エルトナタレス-エルカラファテ (6時間)

→2000円

エルカラファテ-エルチャルテン(3時間)

→2000円

エルチャルテン-バリローチェ(24時間)

→9500円

 

だったと思います。

エルチャルテン-バリローチェは1000km近くあり、かなり時間もかかるのでそれなりにお金はかかります。

 

パタゴニアのバスターミナルには多くのバス会社がありますが、基本的に全て値段は変わらないです。

なので、空いているバス会社で予約することをオススメします。

 

まとめ

かかった費用は全てで約5万円ほどでした。

 

滞在期間は2週間弱でした。

 

なのでこの費用に自分が滞在する日数×(宿代+食事代)を足すとだいたい

金額の予想がつくのではないかなと思います。

 

やはり物価が高いパタゴニア地方ですが、本当に自然が美しくて見所満載なのでお金と相談しながら堪能してください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。