YOSHIKI TRAVEL

やりたいことをやりたいままに、やるべきことをやるべきままに

ユダヤの商法 世界経済を動かす 藤田田

3/25の1日に無料公開されていた日本マクドナルドの創設者である

藤田 田のユダヤの商法について軽くまとめます。

 

 

ユダヤの商法(新装版)

ユダヤの商法(新装版)

 

 

 

藤田 田

日本にマクドナルドを取り入れた人。

 

トイザらスの創設者でもある。

 

内容メモ

「トミーヘ、さあ、パパの方へ飛んでごらん」
 トミー坊やは、パパが遊び仲間に加わってくれたので、うれしそうな笑顔を見
せながら、シャピロー氏の腕の中へ飛び降りた。いや、私も、トミー坊やも、シ
ャピロー氏の腕の中と思ったのだが、トミー坊やが飛び降りた瞬間、シャピロー
氏はサッと手をひっこめたのである。トミー坊やは、当然のことだが、床に落ち
て大声で泣き出した。
 私は、唖然として、シャピロー氏を見つめた。シャピロー氏は、ニコニコしな
がらも、トミー坊やを眺めているだけだ。
 トミー坊やは泣きながら、向かい側のソファに腰をおろしていた母親のパトリ
シアさんのところへ駆けて行ったが、パトリシアさんもニコニコしながら、
「オー、悪いパパね」
 と、トミー坊やをからかうように見ているだけなのだ。
 シャピロー氏は、目をむいてこのありさまを眺めていた私の傍に腰をおろす
と、真顔で言った。
「これがユダヤ人の教育方法です。トミーはまだマントルピースからひとりで飛
び降りる力はない。それなのに、私の言葉につられて飛び降りた。だから、私は
わざと手を引いたのです。これを、二度、三度とくり返すうちに、トミーは父親
といえども信じてはいけないということを自覚するようになるはずです。父親と
いえども盲信してはいけない。あくまでも信じられるのは自分自身だけ。という
ことを、今から教え込むのです」

 人を疑う姿勢は必要。

父親であっても疑いを持ち、全てを信じ込んでしまうのはよくない。

 

ユダヤ人は、金曜日の夜から土曜日の夕方まで、禁酒禁煙禁欲と、すべての欲 望を絶って休息に専念し、神に祈りを捧げる。この日、ニューヨークの自動車の 交通量は半減するといわれるほど、ユダヤ人は厳格に休息の掟を守っている。 二十四時間、たっぷり休息して、土曜日の夜からが、ユダヤ人のウィークエン ドである。休息を十分にとったあとで、今度は悠々と週末を楽しむのである。 働くばかりでは、いずれは健康をそこね、人生の目的である快楽を味わえなく なることを、ユダヤ人は長い歴史を通じて、知っているのである。 働いたら必ず休むことを、忘れてはならない。

 休むことは大事。

でも休む時以外は全部全力で取り組むべき。

 

 

たくさんのことが書かれているけど、とりあえず思ったのは

信頼が大事だということ。

 

約束は絶対に守ること。

 

簡単なことだけど本当に大事。

一度でも破ってしまうと今後商談の話はやってこない。

それぐらいシビアな世界。

 

だからこそ大事な約束事をするときは本当に慎重にならなければならない。

 

流れに身を任せてばかりだと痛い目に合う。

 

 

ユダヤの商法(新装版)

ユダヤの商法(新装版)