yoshiki blog

やりたいことをやりたいままに、やるべきことをやるべきままに

多動力 堀江貴文 [レビュー]

 

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 

 今更ながらホリエモンの「多動力」を読んだのでまとめます。

 

  • 多動力とは?

いくつものことを同時にこなす力

 

水平分業の対義語のような形で説明がされている。

 

いろんなことに興味をもち、自分がやりたいことを全てやる力のようなもの。

 

  • 何か物事を始める際に準備はいらない

何か挑戦するまでに様々な準備が必要だという考え方もあるけれど

準備している段階でつまづいてしまっては元も子もない。

 

旅もそう、準備に時間をかけすぎて旅行に行く時間を確保することができなくなったりする。

 

大事なのはトライ アンド エラー

長い時間をかけて1発成功するよりも何回もやってみて失敗し、改善して行く方が同じ時間をかけたといてもクオリティは確実に後者の方が高くなる。

 

なのでやろうと思ったことはとりあえず準備より前に実行することが大事。

 

旅人友達の間では

やっちゃおう

が流行っている。(笑)

 

旅人で意識が高い人が多いのはこれが理由だと思います。

 

 

  • 自分を知る

自分が抱えているタスクを紙に書き出す。

 

アルバイトや他人でもできることは消去する。

 

そして残ったものが自分がやるべきタスクである。

 

人生は有限である。

その限られた時間に自分にしか出せないアイデアを出すことや、自分にしかできない発言をすることに集中するべき。

 

  • 一番のハードルは「感情」である。

他人に見られると恥ずかしいなという感情が一番の障壁となる。

 

恥をかく勇気、失敗する勇気

 

これがあればなんでもできるようになる。

自分が思っているより他人は自分のことはどうも思ってないし、失敗したことなんてすぐに忘れる。

 

恥をかけばかくほど自由になれる。

 

  • 感想

革命のファンファーレを読んだ後だったのですごい似てる部分があるように思えました。

 

見出しの使い方は西野がホリエモンに許可をとってまで真似をしたらしいからそりゃ似てる。

 

トライ アンド エラー

 

自分がやりたいと思うことが見つからない。

けど、たまにちょっとやりたいなと思うことはたくさんある。

 

そうゆう些細なことから徐々に大きな物事に発展していくと思うのでやりたいと思ったことはすぐに実行する。

 

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)